脂肪吸引で簡単ダイエット【すぐに綺麗になれる】

体のラインが気になったら

ウエストの脂肪

部位毎で痩せれます

女性にとって体のラインは気になるところです。少し太ってきたからダイエットをしてみるが、持続できずリバウンドしてしまう人結構多いです。そういう方には、脂肪吸引をお勧めします。脂肪吸引は、皮膚の下にある皮下脂肪をとる手術です。脂肪吸引は、気になる部位毎に行えます。顎や頬、二の腕や肩回り、背中やお腹、そしてお尻や太もも等、ご自身が気になりだしている部位に対して集中的に痩せることができるのが魅力です。吸引方法としては、チューセメント法、ベイザーリボ法、ベイザーデフ法等、様々な方法があります。チューセメント法は、止血薬や麻酔薬を生理食塩水で薄めた溶液を脂肪に注入して吸引する方法です。よく使われる方法で、この方法をベースに他の方法と併せて脂肪吸引が行われることが多いです。輸血をする必要が無いので、感染リスク無く吸引できるのが特徴です。次に、ベイザーリボ法は、カニューレと呼ばれる管の先端からベイザー波と呼ばれる振動エネルギーを出し脂肪を乳化させてから吸引する方法で固い脂肪でも吸引することができます。脂肪吸引の注意点としては、吸引後は、内出血やむくみが2週間程でてから、徐々に細くなっていきます。吸引直後に痩せれるというものではないですが、確実に効果がある方法なのでお勧めの方法です。

クリニック選びが大事です

脂肪吸引をするにあたって、クリニック選びはとても大事なことです。痩せる効果があり、とても魅了的な反面、リスクもあります。リスクとしては、自分の思ったように痩せられないリスクがあります。脂肪吸引は、治療方法も多く、クリニックもたくさんあります。その為、医師の質と言うのが治療の結果に大きく影響してきます。患者さん都合でなく、医師の手間だけを考えて治療方法を選択するような病院は注意が必要です。例えば、脂肪が固い場合、ベイザーリボ法を使うと楽に治療できるのですが、反面、患者さんへの負担が大きい方法です。このような場合、医師の労力は増えますが通常のチューセメント法で行うのが一般的です。しかし、ベイザーリボ法しか選択肢がありませんと、明確な理由の説明もなく決めてかかる病院は、あまりお勧めできない病院です。医師のレベルがあまり高くない病院を選ぶと、最適な治療方法でない治療方法で脂肪吸引を行ってしまい、思ったように痩せれないというトラブルがあるのも事実です。痩せれないだけなら、まだ良い方で、傷跡が目立つように残ったり、痩せる部位が逆にボコボコになってしまったりというトラブル事例もあります。最近ですとインターネットに口コミや体験談が掲載されているので、クリニック選びは、それらの情報を参考にまず、診察に行くことをお勧めします。そして、最終的にどのクリニックで治療するかは、実際に医師にあってみて信頼できるかどうかご自身で見極めてから選ぶことが重要です。