脂肪吸引で簡単ダイエット【すぐに綺麗になれる】

太りにくい体質を作る

手術

ポイントは脂肪細胞の減少

一般に、ダイエットには大きく分けて2通りの方法があります。1つは運動や食事制限による通常のダイエットで、もう1つは医学的な処置によるダイエット、すなわち痩身医療です。この両者の違いは、前者が余分な皮下脂肪を燃焼させることで減らしていくのに対し、後者の場合は特別な医療機器や薬剤を使って脂肪を直接除去するという点にあります。そして決定的に異なるのは、後者には脂肪だけでなく脂肪細胞を減らすことができるという特徴があることです。脂肪細胞は体内で脂肪を消費する際に働く細胞で、脂肪を分解する働きを持つ少量の褐色脂肪細胞と、脂肪を蓄える働きを持つ白色脂肪細胞の2つからなります。お腹や太ももなどいわゆる「ぜい肉」のつきやすい場所に分布しているのはほとんどが白色脂肪細胞です。この白色脂肪細胞は幼少期から思春期にかけて増殖し、いったん増えるとなかなか減らないと言われています。通常のダイエットでは脂肪そのものは減らすことはできても、脂肪細胞は減らせないのです。これに対して痩身医療、たとえば脂肪吸引にあっては、皮下脂肪を脂肪細胞ごと取り去ることが可能です。つまり施術を受けることによって脂肪細胞の数を減らすことができるのです。

リバウンド予防に効果

脂肪吸引によって脂肪細胞を減らすことにどんなメリットがあるかというと、リバウンドの予防です。脂肪だけ減らしても脂肪細胞の数がそのままであれば、食べ過ぎなどによって再び体内脂肪が過剰になればそれが蓄えられてしまいます。しかし脂肪細胞の数が少なければ蓄積能力が低くなるので、余分な細胞はそのまま体外に排出されてしまうため、リバウンドしにくくなるわけです。脂肪吸引ではカニューレと呼ばれる吸引管を使って皮下脂肪をじかに吸い出します。つまり脂肪細胞が脂肪を抱え込んだ状態のまま取り除くことができるわけです。しかもサイズダウンさせたい場所に直接施術を行うため、いきおい白色脂肪細胞が多く集まっている箇所から集中的に細胞を除去することができます。つまり部分痩せを実現した上に、その状態を長くキープし続けることができるのです。脂肪吸引にはもう1つ大きなメリットがあります。それは、施術したその日に結果が出るということです。運動や食事制限によるダイエットは数週間、時には数か月にわたる継続的な努力が必要ですが、脂肪吸引であればベッドの上でじっとしているだけで機械が脂肪を取り除いてくれます。意志が弱くて通常のダイエットが続かなかったという人でも確実に効果を実感できます。